楽しいこといっぱい65個

画像

栗原はるみさんの初のエッセー本

日々の暮らしが楽しくなる「幸せの65個」読みました。

初のエッセーというのがちょっと意外、
横書きで1ページ1タイトル、素敵な写真も合わせているので
ブログみたいで読みやすかったです。

表紙の赤いりんごの絵は栗原さんが18歳の時に描かれたものだそうです。


いいなと思ったのは
”15分家事”

15分間、集中して一生懸命、なにかをやるというもの。

だらだら過ごす15分はあっというまだけど、
15分だけでも、結構いろんなことができます。

この本も15分、15分で読んだら、読みきるのが早かったです。

「楽しいこといっぱい持つと、元気になれるし、幸せになれる」


↑ あとがきの言葉、同感です♪


こちらも素敵です♪
ゆとりの空間



栗原はるみ haru_mi (ハルミ) 2012年 04月号 [雑誌]
扶桑社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 栗原はるみ haru_mi (ハルミ) 2012年 04月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

ことり
2012年06月13日 18:42
ナイナイの岡村君が結婚したい女性とラジオの中で言っていました。チャレンジ精神あふれるステキな人生の先輩ですね。干物主婦も見習わなければ(笑)
管理人
2012年06月15日 17:02
岡村さんは、さすが、お目が高いかも、
でも栗原さんみたいなひと、めったにいないと思う、、、岡村さんラジオも面白いね♪