FUJITA

画像


昨年公開された映画で一番見たかったのは
「FUJITA」です。

オダギリジョー主演で、
フランスで活躍した日本人画家
藤田嗣治の半生を描いた作品

公開が短かったのか
タイミングが悪かったのか
観られず、とても残念 (:_;)
いまでも 心残りなのです。。

(DVD情報 ご存じの方いたら教えてね)

そんな無念を払拭する為、、、

名古屋市立美術館で開催されている
LEONARD FOUJITA
藤田 嗣治展へ行ってきました。

音声ガイドはオダギリジョー

ここは外せません (*^。^*)

絵画については詳しくはありませんが
とても良かったし
思ってた以上の作品量にびっくり。

映画にも出てくるらしい有名な
「アッツ島玉砕」 の前で涙してる方がみえました。

感動とは違うけれど
圧倒される迫力は感じました。
見ておく価値あります



様々な紆余曲折のち藤田は

「絵描きは絵だけを描いてください、
日本画壇は世界水準になってください」
の言葉を残して、渡仏
フランス国籍を取得
日本に戻ることはなかったそうです。

年代順によく分けられるのですが簡単に分けると

初期 (デビューからパリ黄金期 乳白色の裸婦が多かったころ)

中期 (日本での戦争画時代)

後期 (晩年 洗礼を受け レオナールフジタ のサインになったころ)

私の好きなのは後期の時代

宗教画が多くなってるのが特徴です。

藤田の絵画のほかにも実在の写真も展示されています。
特徴あるおかっぱ頭に、まる眼鏡、大きなリングのピアス
着てる洋服もファッショナブルです。

今の時代に置き換えてもかなりのお洒落じいさん!!


楽しかった♡

音声ガイドのオダジョーの声がもうちょっと聞きたかったな (^^;

藤田嗣治特別展 は7月3日までです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント