夏目漱石の妻

画像

  

ほんとに良いドラマでした。
NHKってやっぱりすごい!
秀逸作品!



原案は
『漱石の思い出』
放送前よりかなり楽しみにしていました。




キャストも良かった
明治大正の女性を演じさせたら

おのまちさんはNO1、ホント、上手です

主役(尾野真千子・長谷川博己)もちろんですが
4話の檀蜜さん、
色っぽかった~
で、鏡子さんの対応・・・笑えました(;´∀`)




和服が良く似合う
黒島結菜さんのナレーションも良かったです
ドラマを若々しくしてくれました。


漱石の奇人暴君ぶりがとにかくすごかった!!
とても気になったのが、
長谷川博己の顔の表情。
上手で見入ってしまいました。
神経質そうにみせる左右の非対称の顔。

日本人はなかなかできにくい表情と聞いたことが
あるのだけど、、、
たまに見せる笑顔にはすごくほっとしました。

病床に伏せてるシーンもリアルで(この為に痩せた?)
ドラマは壮絶な死で
終わってしまうのかとおもったくらい…

最後は明るかったので救われました。

鏡子さんの幼い時の名前キヨと
坊ちゃんに出てくる 女中のキヨがつながってる
という話にほっこり ♡

このドラマ
保存決定です。

___________

長谷川博己が出てたドラマ「デート」
で彼は高等遊民を演じてたのだけど、

それも漱石つながりだったのがおもしろい(・。・)

漱石のよく知られてるエピソードで
胃が悪い漱石が食べないようにと
妻が隠していた羊羹を、子供がその
在りかを教えて
漱石がとても子供をほめた
という話が微笑ましくて
好きなのですが・・・

病床にも関わらず、クッキー缶を隠し食べ
というシーンありました。
(ホントなら本気の甘党エピソードですね)


あと、漱石がとても大好きだったとされる
羽二重団子?が
客人にお茶と共に出されるシーンがありました!

「吾輩は猫である」にも羽二重団子がでてきます。

【芋坂で団子食いましょうか・・・
酒も飲めますよ】


ちなみに羽二重団子のおしょゆ味は
お酒のあてになる団子という
コンセプトらしい


 HABUTAE1819にも行ってみたいな
  (写真拝借いたしました)(・.・;)



この記事へのコメント