カーネーションお母ちゃんの服は綾子ブランド

はまったカーネーションがあと残り5話になりました。

大正から始まったカーネーション
今週はもう平成、
とっても、さびしいです。

ちょっと前のことなんだけど、
女子高生のソックスはルーズソックス
ガングロ、プチ ヤマンバメイクの女子も出てきて
それだけでも、時代の流れがよくわかります。

糸子は88歳
今週からは特殊メイクになりました
特殊メイクにかかる時間は2時間とか。

手や顔のしみも丁寧につけていくのですね。

「歳をとるちゅうことは今でけ(き)てることも
これからどんどんでけへんようになっていく、、、
その怖さに耐えること
、、、、」 糸子の台詞より、

 ※年寄りの気持ちをこんな風に書ける”渡辺 あやさん”がすごすぎます。

今週のカーネーションでは
凛とした気高い雰囲気そのままの奈津(江波杏子さん)に泣いて
末期がんの加奈子さんに泣きました。(号泣)

糸子役の夏木マリさんは実在のコシノ綾子さんと
交流があったらしく、今ドラマのなかで着ている洋服は
本物をお借りしてるらしいです。
洋服のポリシーは「歳をとって体のせんが崩れてもかっこよくみえる洋服」とか、
確かにかっこいい!


役作りでは、綾子さんのビジュアルをイメージ
気持ちの上では尾野真千子の糸子のままに、

台詞の言い回しなど、細かいこだわりで、役作りをしてたようです。

プレミアムトークでは
美しさに秘密の朝食が紹介されてました。

マンゴーやブルーベリー、女子力upなカラフルカラー♪
フルーツにサラダ、ジュースには必ずオリーブオイルを入れて
血のめぐりを良くしているそうです。

さすが!お肌も首も”ろくまる”とは思えないほど、きれいでした。


"カーネーションお母ちゃんの服は綾子ブランド" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント