テーマ:映画

グッドモーニングショー

「グッドモーニングショー」 みてきました。 普通に面白かったけど。 普通に。 コメディーということで ちょっと期待してたからかも(・。・) 生放送のハプニングとか 裏側がみられるのが楽しいかな たてこもり犯人のキャスター要求の理由が ちょっと浅いような、リアリティーに 欠けるような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SCOOP

SCOOP まだ観てない方、 週末映画みるならSCOOPをどうぞ おススメです。 福山ファンじゃなくても全然大丈夫! はずれなしと噂の大根監督作品 (1985年原田眞人監督脚本の映画 「盗写1/250秒」が原作) 芸能スキャンダル専門の 自堕落な生活の中年パパラッチ(福山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバーフェンス

「海炭市叙景」「そこのみて光輝く」 の原作者佐藤泰志の芥川賞候補作を映画化 オール函館ロケ ということもあり ずっと見たかった映画 山下敦弘監督 それだけで期待度上がってた。 ☆☆☆☆ 以下おもいつき感想 「ゆれる」のオダギリジョーが 好きだったのだけど。 「オーバーフェンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君の名は。

君の名は。 みてきました。 時間経ってもすごい人気 相変わらずの評判いいですね~ 前回、最前列端っこしか空いてなかったので・・・・ 今回はちゃんと予約しました。 劇場はほぼ満員(*^▽^*) 観終わったあと 若いこが また絶対みる めちゃ感動~!! とか言ってたのが聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンゴジラ

シンゴジラみてきました ☆☆☆☆ 主役級のひとが たくさんでてくる! 豪華な映画 ラストの音楽は 昭和版 やっぱり ゴジラはこれでしょう! 幅広い層にうけてるみたいで 公開1週間になってもほぼ満員 情報量についていけなくて ついウトウト(_ _).。o○ (゚O゚)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FUJITA

昨年公開された映画で一番見たかったのは 「FUJITA」です。 オダギリジョー主演で、 フランスで活躍した日本人画家 藤田嗣治の半生を描いた作品 公開が短かったのか タイミングが悪かったのか 観られず、とても残念 (:_;) いまでも 心残りなのです。。 (DVD情報 ご存じの方いたら教えてね)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植物図鑑

有川浩さんの同名小説「植物図鑑」の映画化 「植物図鑑 運命の恋ひろいました」 をみてきました。 ☆☆☆☆ 分かりやすくて、映像もきれい 主役の二人は爽やかだし 四季の草花や、料理男子の 作る美味しそうなご飯も完璧。 別れる男に、花の名を一つ教えておきなさい 花は必ず咲きます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マネーモンスター

ジョージクルーニーと、ジュリアロバーツ主演のサスペンス マネーモンスター観ました。 監督はあの ジュディフォスター!! 生放送中に男が侵入 番組をジャックしてしまうというところから 思わぬことに展開し・・・ハラハラドキドキ 最近程よい暗がりに入ると 心地よい睡魔に襲われます。 が・・・うとうとしてる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ズートピア

ディズニー映画は バッドエンドはないと思ってるので 安心して見てられます。 字幕もいいかなと思ってましたが 吹き替えで・・ 主人公ジュディの声は上戸彩ちゃん 元気で明るい 前向きな役はぴったりでした。 吹き替えは集中して見られるのでよいかも。 内容は勿論文句なくよかったし、 ストーリーも二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海街diary

海街diary 陽のあたる坂道 読んでます。 映画もよかったけど、 本もいいですね。 映画が原作にかなり 忠実です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラブアンドピース

園子温監督の ラブアンドピース みました。 賛否両論あるかも知れないけれど こんな映画が好きです。 ラブアンドピース~ お前を忘れない~♪ ファンタジー+ ガメラ風特撮映画 ダメンズからのビックアーティスト この振り幅、最高!! 園子温監督好き ♪全力歯磨きレッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THE CITY BAKERY♪

ザ・シティーベーカリーは ドラマ "セックス・アンド・ザ・シティ" でキャリー、サマンサ、 シャーロット、 ミランダの4人 が集まって 語り合う カフェとして 登場した ニューヨーカーから愛されてる 老舗ベーカリーショップです。 海外進出1号は日本でした! …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

箱入り息子の恋

主人公は 35歳独身 市役所勤めでお昼ご飯は家に戻って食べる 職場では誰とも話さず、関わらず 定時きっかりに退庁する徹底ぶり。 家ではゲームオンリー 唯一の趣味はカエルの飼育? 給料はすべて貯金か、、 こんな息子を 両親が見かねて代理婚活へ。 と、そこから思わぬ方向へと進んでいき・・・・ というようなお話。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白ゆき姫殺人事件

話題の湊かなえさん原作の 「白ゆき姫殺人事件」観ました。 ある化粧品会社の美人社員の 不可解な殺人事件を巡り、 SNSで行きかう情報と都合よく編集されたワイドショーなどの 無責任噂話が広まって 地味なOLに疑いがかけられてしまう。 結末は・・・・ 湊かなえさんすごすぎ(-_-) 恐いよ こわい 。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横道世之介

この先当分好きな映画 ベスト5に入ると思う。。。 「横道世之介」 遅ればせながら見ました。 長崎出身 吉田修一原作の青春映画 1980年代を舞台に、長崎の港町から大学進学のため 上京したお人好しの青年・横道世之介や、 その恋人で社長令嬢の与謝野祥子らが謳歌した青春時代の 、ハートウォーミングストーリー …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さいおうち

備忘録 原作が大好きだった 「小さいおうち」みてきました。 映画もやっぱり、よかったです 日本一かっぽう着が似合うと監督に言われた華さん。 銀熊賞おめでとうございます やっぱり雰囲気のある女優さんですね この映画の主役は,華さんでした。 日本の戦争風景を家庭の中の空気で感じさせたり、 道なら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

涙活

「週末号泣のススメ」by安原宏美 2005年の初版本 時々読み返してる本です。 泣くことはこんなに心とカラダにいい! とオススメしていてる本。 この本がでた頃には「週末号泣」ブームがおきて 泣ける本や、泣ける映画で、週末は泣いちゃおう という人たちが巷に、たくさんいたらしいです また、逆に泣く…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

”ジャッジ”de笑

ゆるい映画が好きです。 「ジャッジ」みたいな映画は結構つぼ(^^;) 妻夫木くんが阿部サダヲが演じるようなキャラなんだけど よかったです。 「悪人」<「ジャッジ」 シリアスな映画よりコメディ映画の妻夫木君好きです。 いろいろ言いたいけど 見てないひとたくさんに見てほしいので 言わなーい( *´艸`) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

星に願いを

もう10年くらい前の映画です。 竹内結子主演の 名作「ゴースト」テイスト ラブストーリー 3年前の交通事故により失明し、声も失った笙吾(吉沢悠)。 事故直後から、心を閉ざした彼の担当になり、 立ち直るきっかけを与えた看護士(竹内結子)。 献身的な看護かつ厳しいリハビリにより 、笙吾は再び生きる勇気を取り戻し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賛否両論*永遠の0

永遠の0 見てきました。 原作の方が断然いいとか 映像がわかりやすくていいとか 右寄りうんぬんとか 賛否両論ありますが・・・・ 多くは語りませんが、わたくし的には 大号泣の映画でした。 岡田君はじめ、キャスティングがよかった。 夏八木さんが出た時点で涙腺崩壊。 戦記もの、戦争映画は苦手です…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鍵泥棒のメソッド

ひょんなことから人生が入れ替わった男2人 と婚活中の女性が巻き起こす喜劇。 売れない貧乏役者の桜井を堺雅人 記憶喪失の殺し屋“こんどう”を香川照之 婚活中 (結婚の日取りまで決めてるけれど、まだ相手が決まってない) の女性編集長を広末涼子 大和田常務と半沢との共演 香川さんの売れない役者ぶり可笑しい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くじけないで

90代で詩を書き始め、 8年後その詩集が ベストセラーとなった 詩人・柴田トヨさん 作品 「くじけないで」「百歳」をもとに 山あり谷ありの半生と家族をとりまくヒューマンドラマ 試写会で見させていただきました♪ 幼い頃を芦田まなちゃん 若い頃を壇れいさん 晩年を八千草薫さん 不肖の一人息…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謝罪の王様

脚本・宮藤官九郎、監督・水田伸生、主演・阿部サダヲ。 「舞妓 Haaaan!!!」の最強トリオの新作は這ってでも 観にいかなくちゃ と思ってました。 面白かった~ まずは謝っておこうという“日本人気質” を突いていて面白い。 クドカンはこの脚本稼書いてる時 今のちょっとした土下座ブームを予感してたんだろう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秀作「そして父になる」

いまさらですが 第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作 の軽い感想です。 惹きこまれました。 ドキュメンタリーかと思えるくらい映像が自然でした。 赤ちゃん取り違え事件 という実在のテーマを元にした作品 血か時間か、その結末も 観る側に預けられる。 深く考えさせられる映画 必要以上に説明しすぎな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

舞妓はレディ

  周防正行監督の17年ぶりのコメディ映画 超大作『舞妓はレディ』の製作が決定! 主演に抜擢されたのは多数応募のオーディションで 勝ち抜いた15歳の女の子。 舞妓になるために京都花街の茶屋にやってきた少女 が、言語学者のせんせ(長谷川博己)らの助けを借りながら 美しい舞妓を目指して成長していく姿をミュージカル風に描く。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真夏の方程式 真夏の大移動

ミステリーというよりも 深く切なく苦しい人間ドラマでした。 感涙度では確実に前作超えてました。 全体に地味な感じはするけど 映画館でみて損はないと思います!! 自然が美しい海のシーンも見ごたえあるので ぜひ大スクリーンで、 見てほしい作品。 福山さんファンの方は 浴衣のましゃ、ダイビングのまし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

CUT

ガリレオや映画もあって 雑誌の表紙もいろいろある中 ロングインタビュー掲載の CUT買いました。 (SODAとどっちにしようか と少々迷いましたが) 2本立て3万字インタビューで 解き明かす 本人撮り下ろし写真作品も掲載 知らなかったエピソードも 書かれてて読み応えありました。 ::::::…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

魂ラジfromカンヌ

遠くカンヌへ 「LIKE FATHER、LIKE SON」 ロックオンな魂ラジオ。 でも気遣いの人福山雅治さんは カンヌから生の声を届けてくれました♪ 「カンヌ、寒いのよ~」 *********** 「カンヌに来ているという実感がまだなくて。 少しずつ体に染み込ませているところです」 と話した福山だ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

桐島、部活やめるってよ

「桐島、部活やめるってよ」を読んでいます。 映画もアカデミー賞作品賞、監督賞 映画の評価も幅広く高いので 本もまたきっと売れるでしょう。 本の中で、映画の話題が出てくるのですが、、 「ジョゼと虎と魚たち」 「百万円と苦虫女」 「メゾンドヒミコ」 「めがね」 ↑ (このラインナップに親近感)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第85回アカデミー賞受賞式

アカデミー賞受賞式をWOWOWで見ました。 作品賞 「アルゴ」 主演男優賞 「リンカーン」 ダニエル・デイ=ルイス 主演女優賞 「世界にひとつのプレイブック」 ジェニファー・ローレンス 助演男優賞 「ジャンゴ 繋がれざる者」 クリストファー・ヴァルツ 助演女優賞 「レ・ミゼラブル」  アン・ハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more